パリス・ジャクソンがアマゾン製作映画に出演へ

この記事は 約2 分で読めます。

パリス・ジャクソンがナッシュ・エドガートン監督、アマゾン製作による映画に出演することが決まりました。パリス・ジャクソンが映画に出演するのは実はこれが初めてではありません。2011年にもキッズ映画「Lundon’s Bridge and the Three Keys」に出演。ただ、前作は映画といってもマイナーな作品だったため、メジャーな映画という意味では今回がスクリーンデビューといっても間違いではないでしょう。

アマゾン製作による新作のタイトルは未定。ストーリーは普通のサラリーマンがあることをきっかけに犯罪者の道へと導かれていく様子を描きます。

パリス・ジャクソンは20代の女性ネリーを演じることが決まっており、内容なダーク・コメディーになるもようです。パリス・ジャクソンは本作意外にも、フォックス製作によるTVドラマ「Star」にも出演するなど、モデル業だけでなく活動の幅を女優業にも広げています。

一方、ナッシュ・エドガートン監督はこれまで映画の世界でスタントマンとして活躍してきた異色の経歴を持ち、これまでにはマトリックスシリーズやスターウォーズシリーズ、最近ではホラー映画の「ザ・ギフト」でもスタントマンとして出演しています。

監督としては数本のミュージックビデオを撮影。映画監督としては「The Square」に続きこれが2作目となります。