パリス・ジャクソンの目が青すぎる理由

この記事は 約4 分で読めます。

パリス・ジャクソンの瞳が青すぎる、と不思議に思ったことはないでしょうか。実は彼女の瞳のカラーには秘密があるのです。

 

パリス・ジャクソンの目が青いのはメイクやコンタクトのせい?

パリス・ジャクソンのメイクアップアーティストであるジョー・ベイカーによると、パリス・ジャクソンはカラーコンタクトを使ったり、フォトショップで目の色を修正するなどのことは一切行っていないといいます。つまりあの瞳はナチュラルなのです。

しかしながらジョー・ベイカーのアイシャドウにかかればより美しく際立たせることは可能で、目の下のメイクが効果的に機能しているのが分かります。これだけ化粧栄えする目の色の秘密とは一体なんなのでしょうか。

パリス・ジャクソンの瞳が青いのは黒人と白人の混血だから?

パリス・ジャクソンの瞳が透き通った透明の青色をしているのは彼女が父マイケル・ジャクソン、母デボラ・ジーン・ロウの娘だからではありません。
https://www.parisjackson.info/1.html

パリス・ジャクソンの父親はマイケルじゃない?真相を暴露
パリス・ジャクソンはマイケル・ジャクソンの本当の娘なのか、といった疑問は多くのメディアが取り上げ、真実を追求しようとしてきたことです。そこで同件についての真相を掘り下げていきます。

もし父親がマイケル・ジャクソンだったら、パリス・ジャクソンの目の色はあれほど色素が薄い色にはならないでしょう。

ちなみにパリス・ジャクソンの父親はマイケル・ジャクソンではなく、白人男性の可能性が高いことが度々報じられています。

パリス・ジャクソンは白人か黒人か?DNA検査の結果教えます
パリス・ジャクソンは、自分の父親はマイケル・ジャクソンであるとメディアに対して明言しています。さらに自分は黒人であるとも話しています。一体これは本当なのでしょうか? 真相に迫ります。

つまり混血だから瞳の色が特別透明になるということではなさそうです。では一体、何が原因なのでしょうか。

 

パリス・ジャクソンの目の色は遺伝子疾患によるもの?

パリス・ジャクソンの目が青くて透き通っているのは、実は遺伝子疾患であるワールデンブルグ症候群が原因ではないかといわれています。

ワールデンブルグ症候群は、染色体異常が見られ、髪の毛が白髪になったり、目が異常に青くなったりすることがあるようです。場合によっては両目ではなく、片目だけ青くなることもあり、そのエキゾチックな風貌から妖精のようだと言われたりもします。パリス・ジャクソンの瞳も見つめられると、ハッとしてしまうようなエキゾチックな色をしていますよね。

 

遺伝子疾患であるかどうかはあくまでもメディアによる憶測ですが、いずれにしてもモデルの世界において、個性的な瞳の色は武器になること間違いなしでしょう。