パリス・ジャクソンのノーメイクがまるで別人!セレブ脱却の理由は?

この記事は 約3 分で読めます。

先日、雑誌「People」によるショービジネスにおける期待の新人たちを集めたイベント「PEOPLE’s Ones to Watch 2017」が行われ、パリス・ジャクソンが出席しました。

しかしそのときパリス・ジャクソンがカメラの前に見せた姿はなんとノーメイク。そのナチュラルすぎるスタイルに賛否両論が上がっています。

パリス・ジャクソンといえば、ファッションモデルや女優として駆け出したばかり。イベントに出席する際には必ずゴージャスに決めてくるのがこれまでのスタイルでした。

パリス・ジャクソンが使ってる洋服(ドレス)ブランドまとめ
パリス・ジャクソンは普段こそカジュアルな服装をしていますが、式典などに出席する際にはもちろん格好いいドレスを身にまといます。そこで実際パリス・ジャクソンがどんなブランドのものを使っているのか紹介します。

ところが同イベントではノーメイクなのはもちろん、白いカジュアルのワンピース、ボヘミヤンジュエリー、レザーサンダルとこれまでとは全く違うヒッピースタイルで登場しています。

よく見ると、脇毛も処理していないが分かるほどのナチュラルスタイル。一体彼女にどんな心境の変化があったのでしょうか。

実は最近、パリス・ジャクソンは、エリザス・テイラー主催のエイズ基金のアンバサダーに就任。そのことが彼女の人生哲学に大きな変化を及ぼしているようです。

これまではセレブな生活ばかりが目立ってきたパリス・ジャクソンですが、世界中の様々な状況に置かれた子供たちと接するうちに自分の役割について考えたようです。そして自分の名声を使って慈善活動に役立てたい、というのが19歳の少女が下した決断でした。

「自分の持っているプラットフォームを無駄に使うことは恥じるべきことだと気づいたの。女優やファッションの道にいく能力があるなら、それを利用してプラットフォームを拡大し、世界の人々を一人ずつ助けるのではなく、一度に大勢の人を助けることが可能になる」

とても19歳とは思えないコメント。今後、パリス・ジャクソンはお金持ちのお嬢さんといったイメージを脱却し、活動家として世界に名前を知らしめることになるかもしれません。ノーメイクでイベントに登場したのもその意思表明の一つだったと考えられそうです。