パリス・ジャクソンの遺産額と資産がやばすぎ!いくらなのか

この記事は 約3 分で読めます。

マイケル・ジャクソンの娘であるパリス・ジャクソンが父の死による受け継ぐ遺産の額が想像を絶する額であることが判明しました。その額とは?

パリス・ジャクソンがマイケル・ジャクソンから受け取る遺産額

dailymailによると、マイケル・ジャクソンは遺言書でプリンス、パリス、ブランケットの三人にそれぞれ3300万ドルの遺産を渡すことを表明。

遺言書には子供たちが30歳になったら遺産の三分の一を、35歳になったらもう三分の一を、40歳になったら残りを受け取ることができるようにと書かれており、なにもせず子供たちは億万長者になることが決まっています。

また、この額は法律上子供たちの保護者であるマイケル・ジャクソンの母キャサリン・ジャクソン(88歳)が亡くなったときには彼女の分まで相続する可能性が高く、さらに膨らみ、30歳になる頃には三人の資産額は3億ドルには達する見込みだと言われています。

ちなみにこの遺産とは関係なく、3人の子供たちには現在でも毎月1万5000ドルから2万ドルのお小遣いが支給されているそうです。それ以外の出費を足すと、3人に使われている額は年間800万ドルにも達するといわれています。

マイケル・ジャクソンの遺産額の内訳

ちなみにマイケル・ジャクソンには9人の兄弟がいますが、彼らや一銭も残していないことが分かっています。

また、以前マイケル・ジャクソンが結婚していたデボラ・ジーン・ロウやリサ・プレスリーにも遺産を渡す記述は遺言書には書かれていませんでした。

パリス・ジャクソンの母親は?知られざるマイケル・ジャクソンの元妻
パリス・ジャクソンの父親はマイケル・ジャクソンであることを知っている人は多いですが、では母親は一体誰なのでしょうか。そこでパリスの母デビーことデボラ・ジーン・ロウについて詳しく紹介します。

ちなみにマイケル・ジャクソンの総遺産のうち40%が3人の子供たちに、もう40%が母親のキャサリンにそして残りの20%がチャリティーに支払われたようです。

そのことからマイケル・ジャクソンがどれだけ母親、そして子供たちのことを愛していたのかが分かりますね。

「子供たちが決して困らないように」というのがマイケルの望みだったようです。

しかしながらジャクソンファミリーの間では遺産のことが問題になっており、自分たちも遺産をもらえるはずだと主張するファミリーメンバーも少ないないとか。

さすがにこれだけの額だと家族の問題もややこしそうですね。

パリス・ジャクソンの資産

気になるパリス・ジャクソンの現在の資産ですが、セレブの資産を換算して割り出すサイト、celebritynetworth.comによると、彼女の資産は1億ドルにも及ぶそうです。

すでにモデル契約やスポンサー契約で億単位をお金を手にしているパリス・ジャクソンですが、資産の大部分はやはりマイケル・ジャクソンが残したものである可能性が高いです。それにしても1億ドルってすごいお金持ちですね。